次々と春日井の出会い掲示板が気になりました

「ルールがあれば、電話してください。」

春日井の出会い掲示板の髪を結んだすっきりとした顔、ベレー帽、澄んだ青い瞳の笑顔。
胸が叫んだ。
すぐに魔法のように、私は夢遊病者のように誘拐されようとしています。
はい、魔女や妖精が住んでいると言われているその深い森の奥深くまで。

春日井の出会い掲示板

「ああ、これ、これ、そしてこれも」

急上昇しながら、大きな声で次々とチョコレートをたっぷりと指さしました。
魔法が壊れて正気に戻ったとき、あなたはおそらく自分自身に問いかけるでしょう:
ねえ、今日から一ヶ月は一人でチョコレートを食べるのかなぁと思いました。
春日井の出会い掲示板は彼女のパッケージで彼女と話しました。

「あなたは地元の人ですか?」
「非ヴェルダン、私はフランスから来ました。」

やっぱり妖精でした。
春日井の出会い掲示板にある森、その名前はアルデンヌです。
彼女はあの深い森から来たに違いない。

「なぜベルギーにいるの?」
「私たちのような人がフランスで仕事をするのは難しいです。」

彼女の言葉の意図が理解できず混乱した。
それでも、仕事の遅さが気になりました。
話している間、すべてが長すぎます。

「包装はいいです、自分で食べてください」
「もう少し待って、終わった」

ショーケースに背を向けて一生懸命働いている様子は、これ以上言えません。
むしろ、偶然出会ったアルデンヌの妖精としばらく一緒にいたかったのです。
とうとう妖精は笑顔で振り返った。

「待って!どこへ行くの?」
「それはブリュッセルです
NS”
「はい、気をつけてください。リエージュにまた来たらぜひ立ち寄ってください。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です