個人的に落語を楽しむ青森の出会い

だからコストもかかっちゃうのよねw

 

ごめんよお客さま(お願い)

高いと思うならやめとけ。

 

青森の出会いはスタンダードにネットや街コン、ナンパでOK

 

This is 左甚五郎スタイル。青森の出会い

 

 

落語でしか聞いたことないから本でも探してみよ。

みんな大好き左甚五郎。

青森の出会い

落語の演目でいうと「竹の水仙」「三井の大黒」「ネズミ」とか。

 

これからの時代 』

どうなるのかね。

 

国の大事なことをごく一部の特殊な生活してる年寄りに決めさせていいもんかね。

青森の出会い

あっちの国のおじさんがどうかしてるのは事実だと思うけど、我々が勘違いしちゃいけないのは、あっちの全国民がどうかしてるわけではない。はずwってこと。

 

メディアは注目浴びてなんぼなビジネスだから過激な部分を大きく取り上げる。

果たして現実はどうなんでしょうかね。青森の出会い

市民レベルで会議したらどうなるのかなぁ~

 

なんかそんなサービスあっても面白そう手で口をふさぐ顔

もののけ姫 』

「森とタタラ場、双方生きる道はないのか」

 

まさに今そんな時代。

 

幸い現実社会は高度情報化で情報は筒抜けだし、言葉の壁もほとんどない。

だからイノシシみたいに小さくバカにならなくてもいい。はず。

だけど、発信者のバイアスのかかった情報を鵜呑みにしてイノシシになってるやつがいる。

青森の出会いジコ坊みたいなやつもいるし。

 

 

シシ神バッシャーする前に双方生きる道が見つかるといいね。

 

そんでやっぱ宮崎駿はすごい。

『 頑張るのはやめようか 』

頑張るっていうのがよくわからん。

個人的にはやりたくないことをやらされてる時に使うようなイメージ。

青森の出会い

頑張るのを止める方法は2つあって、逃げるか、自主的に楽しくやれるように持っていくか。

コメントを残す