休暇を青森では取らなければならない

まず、自制心を守るオーナーが青森負けます。
私のリクエストのために
彼は自分の裁量で事業を辞めた。
それが理由です。
これは非常に重要なので、試しても勝てません。
国は損害を保証する気がないと断言できる。
休暇を取らなければならない
青森の責任ですか?
いいえ、それは誰の責任でもありません。
したがって、国民は保証すべきである。

しかし、自制の要請に応じた雇用主は
労働基準法に拘束され、
従業員は雇用主の都合で休憩を強いられるため、
私たちはそれを保証しなければなりません。

青森、あなたの責任ではない損害については、
借金と見返りを合わせる。
こんなバカな話があると思います。

コメントを残す