青森での会話はキャッチボールです

しかし、青森の顧客を考えると、青森は統一することができず、共存していると思います。
それは多すぎる。
会話はキャッチボールです

よく言われる青森ですが、わかりません
一部の人々はそれを行うことができないようです

青森の「日本酒を楽しむ会」が今年も開催

 

ボールをキャッチ、ボールをキャッチ
次に、相手に投げ返さない限り機能しません

これは受け取りやすいボールです
思いやりとほぐし
私は投げています「これは何ですか、それはどうですか?」
「こんな感じですか?
思ったが、実際は? 』
「私はここに来ていません、どう思いますか?」

一方
“同意する”
「実際には違います」
“青森は難しい”

Q:これは会話ですか?
A:これは会話ではありません

コメントを残す