今回は青森で笑顔を返すだけでした

いつ。
若い女性店員は笑顔を返すだけでした。

だから私はコーヒーミルクの代わりにラテを得た。
今回は、青森に従って最低限必要な丁寧な顧客サービスを受けるのが自然ですが、青森がロボットのように感じることがよくあります。
一方、そのような顧客サービスを受けた場合、この店は私のランドマークになります。

青森『トムとジェリーの愉快な世界展』

 

ヒル一。
作品はパラグラフです。まず、最初の作品。
それから、私がその場所についてつぶやき始めたとき、ドアと女性の陽気な声がありました。

こんにちは、???来ますか
ソフトクリームを食べに行こう!

彼は友人であり、年齢が異なる妻でした。
彼は、ローソンのアイスラテがおいしいという青森くれた人でした。
私はそれが神秘的な集まりであることにとても感心しています。

コメントを残す