青森の住宅街を歩いている

青森がそう指摘した場合、トラフィックはありません
夜に住宅街を歩いていると、
私は鼻と鼻を引っ張り始めました

「青森でミスター・ベイの鼻を植えてはいけない、笑い」

「鼻毛を輪にした」

青森県観光物産館アスパム

「鼻が大きくなると、
ベイ氏の体を群がらせて、
モハモジャにさせてください(*´-`) ”

「絶対にとんでもない」こと
なんて夜の会話だった

ここに1年間日記を書きました

泣いて泣く
花園日記を繰り返す

皆様からの優しい
連絡を取り、暖かくなる
ありがとうございました。 。 。

。 。 。ところで、ミスター・ベイ
青森存在すると思いますか? 。 。 ?

爽やかな夏が恋しい ”

コメントを残す